都幾川町の慈光寺・その他の吟行

千代田俳句会の例年の11月の吟行会を無事にすませました。
北坂戸の句友にも仲間入りして貰って曇り勝ちながらみかん狩りまで楽しく有意義に過ごせました。
慈光寺の歴史は古い。かつては関東屈指の大寺院であって山中には75坊の僧坊があり栄華を極めた。
この静かな山寺は私は大好きなので、皆様をご案内したのです。

c0095126_2037944.jpg

c0095126_21283380.jpg

   
  冬楓虚(うろ)に抱かる芭蕉句碑      
    
  多羅葉の恋文を待つ雪女郎    
 
  冬眠の古井の蓋は覗かざる            

  しがみつき磴登り切る冬帽子 
  
  どん詰まりの寺に冬菜と水琴窟   直子 以上5句

  
青石の塔婆の梵字冬凛と       透克

  陽を溜めて棚に鎮座のジャンボ柚子  七海

  秩父嶺に雲垂れ込めてみかん狩   直美

多羅葉樹の影の深まる時雨月   和江

 腰高の縁の古刹や秋の雨      清

[PR]
by naoko9522 | 2009-11-28 21:30 | 俳句
<< 長谷川等伯を観る 京都御所と高台寺のライトアップ >>