ご褒美に頂いた”へしこ”

 坂戸俳句連盟の役員会の会食の席のいつものミニ句会
3人がお題を出して即興で3句・・・・・・・”にらの花”でなぜか珍しく1位いただく。

  さばさばと離れ行く子ら にらの花   あやみ
新会長が3人に故郷・福井県の名産品をご褒美にプレゼント下さるとのお話。
c0095126_21471041.jpg

c0095126_21481043.jpg

関東育ちで物を知らぬ私は恐る恐る・・・・まづその塩分の強さにびっくり!
途方にくれ、ネットで調べる。

「へしこ」は若狭地方に伝わる保存食・鯖が代表的・いか・いわし・ふぐ等あり。
語源は鯖糠床に「押し込む」→「へしこむ」から「へしこ」に、ともいわれているとか。
秘伝のたれをまぶした乳酸醗酵食として1~2年熟成させたものと知りました。
究極のスローフード、”鯖街道”の言葉を思い出します。
塩出しをしておいしく・病み付きになりました。 会長ありがとうございました。

[PR]
by naoko9522 | 2007-10-18 22:29
<< 青梅・奥多摩・坂戸俳句連盟吟行 今年は蝉の当たり年? >>