王朝の恋ー描かれた伊勢物語

有楽町線の有楽町駅D3へ。帝劇ビルの9階に出光美術館があります。
ここへ立ち寄ってみました。
伊勢物語とは、今から千年以上前に、それまで語り継がれてきた歌物語を
ある男の一代記に仕立てた物語です。

この男は、プレイボーイの在原業平(ありわらのなりひら)だということになっています。
”むかし男ありけり”   業平の肖像 掛け軸です
c0095126_2125048.jpg

色紙・屏風・掛け軸・その他
c0095126_21511329.jpg
c0095126_21525284.jpg

上の絵は色紙で下は大きな屏風の一部です。
私が驚いたのは”入間の郡みよし野の里”が出てくること。
それが坂戸市の三芳野では?という学者や
また川越の辺り(的場又は伊佐沼)との学者もいるということでした。

[PR]
by naoko9522 | 2008-02-02 21:38 | 美術館めぐり
<< 上野東照宮の冬牡丹 宝登山の蝋梅 >>