カテゴリ:美術館めぐり( 3 )

長谷川等伯を観る

毎日新聞・NHKなどの宣伝も凄かったので混雑覚悟で行って参りました。
1時間並んでやっと入れました。皆様我慢強いですねー 私も含めて・・・・・
イヤホーンサービスも充電間に合わないとかで借りられませんでした。ザンネン

c0095126_1524358.jpg

c0095126_15245013.jpg


仏画・人物画も素晴らしく涅槃図の超特大のものもあり吃驚しました。
釈迦の死を囲んで泣く弟子達の周りで沢山の動物達が泣いておりますが
その一部を載せて見ます。

c0095126_15365442.jpg

[PR]
by naoko9522 | 2010-03-24 15:38 | 美術館めぐり

写楽・幻の肉筆画ギリシャより里帰り

グレゴリオス・マノスはギリシャ大使としてヨーロッパに赴任。
アジア美術を購入。帰国後すべて政府に寄贈。

マノスの死後コレクションは1世紀以上誰の目にも触れることなく
眠ったままでしたが2008年大々的に調査の結果、

謎の絵師・写楽の肉筆画が発見されました。
幻の版画での写楽の活動をを終えた後に書かれたものであり
世界初公開の肉筆の写楽の画です。



c0095126_20544179.jpg

[PR]
by naoko9522 | 2009-08-10 21:11 | 美術館めぐり

王朝の恋ー描かれた伊勢物語

有楽町線の有楽町駅D3へ。帝劇ビルの9階に出光美術館があります。
ここへ立ち寄ってみました。
伊勢物語とは、今から千年以上前に、それまで語り継がれてきた歌物語を
ある男の一代記に仕立てた物語です。

この男は、プレイボーイの在原業平(ありわらのなりひら)だということになっています。
”むかし男ありけり”   業平の肖像 掛け軸です
c0095126_2125048.jpg

色紙・屏風・掛け軸・その他
c0095126_21511329.jpg
c0095126_21525284.jpg

上の絵は色紙で下は大きな屏風の一部です。
私が驚いたのは”入間の郡みよし野の里”が出てくること。
それが坂戸市の三芳野では?という学者や
また川越の辺り(的場又は伊佐沼)との学者もいるということでした。

[PR]
by naoko9522 | 2008-02-02 21:38 | 美術館めぐり